頻尿の改善方法をチェック

頻尿の改善方法をチェックしましょう。
MENU

頻尿の改善方法をチェック

いきなりですが、1日に何回ほどトイレに行きますか?
あるいは夜、寝ている時に尿意を催してトイレに行きますか?
起きている1日にトイレは7度ほどで、夜寝ている時にはトイレに起きることはない。
それなら正常で、頻尿ではありません。

 

裏返すと、起きている間に1日に8回以上トイレへ行く、
あるいは夜寝ている時に1〜2回トイレへ行くために起きる、という時は頻尿を疑いましょう。

 

■頻尿の原因と改善方法
頻尿にも程度がありますが、その原因は大きく分けると5つあり、
その中には原因が明らかで、対策が簡単なものと、
原因次第では医師の診察を受けるほうがいいものもあります。

 

■頻尿の原因その1:多尿によるもの
これはやたらとトイレに行きたくなることで、その原因は水分の摂り過ぎですから、
水分を控えれば問題はありませんし、コーヒーを飲み過ぎると
カフェインのせいで尿意がでます。また高血圧の治療薬の降圧剤、
あるいは強心剤などの服用が多尿の原因のこともあります。
なお夜間の多尿では心不全の疑いが否定できないので注意しましょう。

 

■頻尿の原因その2:細菌感染によるもの
細菌感染や炎症が原因の場合は急に尿意を感じます。
何日も入浴しないと尿道から細菌が侵入して炎症を起こすことがありますが、
ほとんどの場合、抗生物質で治ります。

 

■頻尿の原因その3と4:膀胱が狭くなる、尿道が狭くなることによるもの
膀胱の筋肉が縮むことで起きる過活動性膀胱という病気が疑われますが、
この場合は前立腺肥大症の疑いもあります。
前立腺が大きくなるとその分膀胱や尿道が圧迫されるので、
尿を溜めておくことができなくなりますから、改善方法は前立腺の治療です。

 

■頻尿の原因その5:心理的なもの
これは心因性頻尿で、緊張するとトイレが近くなることがありますが、
精神的なストレスで膀胱が収縮するためです。
また、自律神経失調症の症状としての頻尿があり、さらに失禁した経験で不安になると
頻尿の癖がつくことがあります。
この場合は自己暗示をかけたりして尿意を気にしないようにすることが大切になります。

 

知っておきたい頻尿の対策

頻尿だと行動がそれによって遮られたり、
トイレの事を考えてお出掛けがしにくくなったりと、なかなか大変です。

 

ここではそんな頻尿の対策方法を紹介します。

 

対策1:食事から治す

食事療法は頻尿解消手段の内の1つです。

 

利尿効果のある食材を避け、さらに免疫能力を上昇させるものを食べるようにして、
ウイルス性の頻尿を防ぐことを試みます。

 

さて、ここでいう利尿効果のある食材とは、
例えば、体温を低下させる食材や、糖質の多い食材などの事です。
これらは、身体の水分代謝を低下させやすいので要注意です。

 

また、お酒やカフェイン飲料にも利尿効果があるので気を付けましょう。

 

反対に、頻尿解消食材としては、
免疫能力を上昇させるリコピンの入ったスイカ、イチゴ、トマトなどがあります。

 

それ以外にも海藻類やきのこ類等の食物繊維には、尿酸を吸い取り、
身体の外に出す事をサポートする効果があるので、多めに食べるようにしましょう。

 

対策2:筋力を上げる

冷えは頻尿の要因の1つです。
ですから、筋力を上げて体温を上昇させる事が頻尿対策として有効なのです。

 

また、運動に取り組んで発汗量を増やせば、
そこからもナチュラルに尿素を出す事ができます。
つまり、トイレで出す尿の量を減らす事に繋がるのです。

 

また、骨盤底筋は排尿とダイレクトに関わっています。
ですから、この筋肉を鍛える事が一番大切です。

 

そして、頻尿や尿漏れに悩むお年寄りが多い理由の1つに、
この骨盤底筋の衰えが挙げられます。

 

例えば、肛門や尿道を締めるイメージで、数秒止めて、緩める、
というような運動を連日数度行うだけでも効き目があります。

 

また骨盤底筋を強くすれば、ボディラインをスッキリさせたり、
骨盤の歪みを防止したりする事が可能ですから、
若年層の方でも取り組む価値はあります。

 

対策3:膀胱を鍛える

尿を蓄積させておくための膀胱を鍛えると、頻尿が改善できます。

 

手段は単純で、排尿したくなっても可能な限り耐えるだけです。
これを何度も行っているうちに、自然とトイレの回数が減少していきます。

 

ただ、耐えすぎると身体に悪影響がありますので、
本当に辛くなる前にはトイレに行きましょう。

 

また、頻尿の要因が疾患であるというケースでは、
「体内の毒素などを排出する」という目的で尿が増加している場合もあります。
疾患を早く治すためにも、このようなときは耐えずに排尿しましょう。
頻尿 改善 方法

このページの先頭へ